最強でいてよ、僕の特別

松村北斗くんと藤原丈一郎くんとそのまわり。

No Title

藤原丈一郎くんの担当をお休みします。

 

 

文字にするとホントに決めちゃったんだなぁって、自分の選択したことなのに後悔しそう。

 

ここからは未練と、言い訳と、その他諸々をつらつらと書き連ねるだけなので、読んでも読まなくても大丈夫です。ここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました。ここから先を読んでくださる予定の皆さん、よろしくお願いします。それと、途中で不特定多数の誰かを傷付けてしまう発言があるかもしれません。それに関しては本当にごめんなさい。ご気分を害された方は途中でUターンしていただいて構いません。ここまででも読んでくださってありがとうございました。

 

丈のことを嫌いなったわけじゃない。むしろ大好きなんだけど、丈を取り巻く環境が好きじゃなかった。私は、丈ならもっと出来る、もっと高く飛べる、それなのにどうしてやらないの?っていつも思っていて。いや、丈はやってたかな。やってなかったのは周りかもしれない。グループって連帯責任だからね。そのへんは曖昧だけど。「Funky8」っていうグループの公式化に対しても、もっと自分たちで取りに行けばいいのにってずっと思ってた。それこそ、事務所に直談判するくらい。アイドルたるもの、目の前の仕事を120%でやるなんて当たり前のことだし、向上心を持つのも当たり前のこと(だと私はおもっている)。だからそれはFunky8も出来てる。でも、やっぱり少しだけ「関西」っていう環境に甘えてしまっているような気がしてしまっていて。私がずっと見てきたもう一つの自担グループであるSixTONESはそれが出来ているから。東京のJrだからっていうのもあるかもしれないけど、ガツガツして、危なっかしいけど、そこがめちゃくちゃ魅力的で。ヲタクの力もあるけど、自分たちで運命を切り開く力を持っているから。同じ事務所で、同じくらいの年齢と歴で、出来ないわけない。って思っていたから。Funky8だって、やろうと思えばできる、気付ける。そんな期待が段々自分の首を絞めていた。そりゃあ環境が違うから、考え方も動き方も違うのは理解しているつもり。それはあくまでも「つもり」であって。私は、あんまり動いているように見えなくて。これ以上彼らが動き出すのを待つことは出来なかった。忍耐力ねぇな、自分。

 

簡潔に言うと、SixTONESを見て、SixTONESのギラギラした、野性的で、飢えた人間しかいないような雰囲気が凄く好きだから、関ジュのピースフルな王道アイドルのキラキラ感は、私には合わなかった。だから、誰が悪いとか悪くないとか、そういう次元の話をしているんじゃない。そして、Funky8が好きじゃない、とかそういう話でもない。むしろ、丈くんが好きなグループだから、好きだ。

私は誰かを自担にする時、「この人はきっと将来面白いことをして、面白い景色を見せてくれるかどうか」を基準にしている。丈はばっちりその基準を満たしているし、コンサートに入る度に、舞台に入る度にこの人を自担にしてよかったって思わせてくれる。だから、丈くんのことを見ない、なんて私は凄く勿体ないことをしている。その自覚はある。でも、どうしても私は君を取り巻く環境が好きになれない。丈くんは何も悪くないのに、口をついて出た文句は止まらない。「楽しく平和にヲタクしたい」っておともだちが言ってるのを見て、何度も何度も苦しくなった。関ジュ担になりたての時や、関ジュ担になる前は楽しかったなぁって思った。自分の考えと、周りの考えのギャップが激しくて、ついていけない、というか。上手く言えないけど、自分の居場所はここじゃない気がしてしまって。

掛け持ちってしんどいなぁって思った人間の末路だと思う。優劣なんてないのに、無意識に比べて、落ち込んで、ムカついて。自分のことが嫌いになりそうなくらい、周りの関ジュ担のおともだちが純粋に応援してるのが羨ましくなって。考えるのに疲れて、私は逃げることを選びました。

 

ユニ厨だから、Funky8が公式化したらぬるっと藤原担に戻ってるかもしれないし、丈くんのことは好きだから、大好きだから、大好き過ぎてしんどいから、関西の現場にも縁があれば足を運ぶ(春松竹もなうぇすとの城ホも、銀二貫も行くし。)。でも、もうこれ以上「担当」として関ジュの沼に住むことは出来ない。藤原丈一郎の担当をお休みします。

 

丈くん。私に沢山のキラキラした夢や希望や幸せをありがとう。沢山の出会いをありがとう。丈くんの担当だったお陰で沢山の本当に素敵なお友達と出会えました。1年と少しだけっていう信じられないくらい短い期間だったけど、凄く凄く楽しかった。丈くんの努力が報われることを、丈くんが望んだ幸せが訪れることを、本気で願っています。いつもなら、「お前のつまらなさが1人のヲタクを手放したんだぞ」って思うんだけど、丈くんのことは大好きだから。凄く「面白い」と思っているから。嫌いになんてなれないし、本当に私の気持ちの問題だから。ヲタクが1人減ったことなんて丈くんにはなんのダメージでもないんだろうけど、ごめんなさい。丈くんを、丈くんの周りのみんなを守るために、丈くんとは少しだけ距離を置こうと思う(恋人か)。

 

全然まとまってないけど、まとまってなさすぎて、何が言いたいの?って言われそうなんだけど、要するに、担当をお休みしますってことです。すぐにフラッと戻ってきてるかもしれないし、春松竹のレポ見て、「やっぱり好きだわ!!!」とか言ってる可能性だってありえまくる。そういうことツイートしてる気がする。それに、Twitterでの丈くんに関するツイートの内容も、殆ど変わらないと思う。でも、これ以上担当として見続けるのはしんどいです。なので、「関ジュの中で一番好きなのは丈くん」くらいの感覚に戻ります。復帰がいつになるかは正直わかりません。春松竹初日のレポを見て復帰しているかもしれないし、自分の初日を迎えて復帰してるかもしれない。もしかすると銀二貫までずっとお休みして、銀二貫で復帰するかもしれないし、しないかもしれない。ふわふわしてるし、こんなんじゃダメだってわかってるんだけど、丈くんのことは本当に大好きだから、降りるってキッパリ断ち切ることが出来ませんでした。だから、戻ってきた時は優しくして下さい。笑

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。